ゆめんずファミリー、どこへ行く?!

2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ 3.11に思うTOPつれづれに ≫ 3.11に思う

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

3.11に思う

【長文で失礼いたします】



4年前の今日、午後3時半頃だったと思う。
職場で仕事をしていたら、外出から戻ってきた男性社員が興奮気味に、
「東北で大地震が起こったらしいで!!」

あわてて、職場のテレビをつけた。
「え~~、仙台に妹家族がいるんです!!」
でも、その時はあまり様子がわからず、ただただ不安に陥る。



667A6202.jpg


仙台市内に、4月に東京へ転勤が決まった妹夫婦と甥が住んでいる。
すぐに妹の携帯に電話してみたが、案の定つながらない。


夫にすぐに連絡をとった。
夫は阪神淡路大震災の経験者。
電話会社各社が規制をかける前だったら、電話は通じるはずと、
妹の主人に何度も何度も繰り返し連絡と取ったらしい。
そして、何度目かのコールで相手に電話がつながり、
無事を確認。


不安だけが膨らみ何もできないでいる私より、行動が早かった夫。
やはり大変な経験を乗り越えてきた知恵なのだろう。


667A6219.jpg


平日の昼間、家族三人それぞれの場所にいて、なかなか安否が
確認できない。


地震発生から約3時間後、妹から無事であり、
近くの小学校の体育館に避難している。
家族との連絡手段がないと、福岡の実家に連絡が入った。


あとは、高校生の甥の安否。



流れるTVの映像は、津波発生、全てが押し流される想像を
絶するような映像。。。



667A6287.jpg


その日は早々に仕事を切り上げ、自宅に戻ったが、
何も手につかない。
携帯電話をさわっていると、「災害用伝言サービス」が
開設されていた。


本当に伝言が伝わるのか疑心暗鬼だったか、とにかく
伝言をいれてみようと、甥には安否を問い合わせる伝言を、
妹の主人には、妹が無事であることと避難場所の内容を
伝言にいれてみた。

667A6293_201503110337407bc.jpg

30分もしないうちに、甥と義弟から伝言が入ってきた。
甥も無事だった。。。

なんとバイトで石巻に行き、あやうく津波にのまれそうな
危険な目にもあったらしい。。

667A6295_201503110337417ec.jpg


我が家を中継して、被災地の家族間の連絡をとったあの日。
あの時の携帯電話を打つ手の震えが止まらず、
何度入力しなおしたことか・・・



今日で4年たち、被災地から離れた関西では、
東北の様子が、すこし遠く感じられる今日この頃。
もう一度、あの日の経験した緊張感と安堵感、
そして、多くの絶望と犠牲をもう一度、心によみがえらせ、
今後の私たちの生き方を見つめなおしたい・・




妹夫婦は、今年も被災地に出向き、追悼式に参加する。


667A6299_20150311033752993.jpg


私も遠く、関西の地から、
本日2時46分、心を静め黙とうを捧げたい。



ランキングに参加しています。
応援していただけるとうれしいです。

にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


★ 本日の写真は、フォトグラファーacoさんによる「お散歩撮影会」の一部です。
スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015年03月11日(Wed) 21:51












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。