ゆめんずファミリー、どこへ行く?!

2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ あ〜、なつやすみ 【出石 1】TOPおでかけ ≫ あ〜、なつやすみ 【出石 1】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

あ〜、なつやすみ 【出石 1】

但馬の小京都と呼ばれる出石(いずし)町は、
「古事記」「日本書紀」にも
名前の見える歴史の古い町です。


image_201308220851117ec.jpg
(兵庫県北部に位置します)


今年は、NHK「八重の桜」の主人公
幕末のジャンヌダルクと称された山本(川崎)八重の最初の夫、
川崎尚之助が但馬出石の生まれであったため、
特に注目を浴びているようです。
izushi1.jpg




但馬地方は、日本海山陰型特有の極端な寒暖の差や、
冬の寒冷などの土地柄のため
そこに住む人の人柄は、粘り強さがあり、保守的で勤勉タイプ
だと称されます。
izushi2.jpg
(出石焼の風鈴です。町のいたるところで鈴の音をきくことができました)



川崎尚之助も18歳で勉学のため町をで、江戸~会津と移り住み
会津につくす生涯となります。


iziushi3.jpg
ちなみにゆめままの父親も出石で生まれ、10代半ば、親を亡くし
親戚を頼って大阪に、その後、北九州に移り住むわけですが、
いまだ故郷、出石という土地は、ゆめじじの
戸籍とお墓をずっと出石に置き続け、移動させなかったという
私達家族でさえ、理解を超えた、重要な場所なのです。







そしてこれが、計り知れない力が働いた結果なのでしょうか、
偶然にも、ゆめままが同じ県内に居を置くことになり、
年に数回ですが、今までに比べて遥かに簡単に出石を訪れることが
出来るようになったのです。


前置きが長くなりましたが、そういった訳で、
今年の夏も、ゆめんずファミリー一同で、いざ出石へ。
そして、最初に、ご先祖様にご挨拶。

2013-08-13 222



「また、みんなで来ましたよ~」2013-08-13 197





「ぼくもすっかりこの家の子供になりました。」
2013-08-13 195
ゆめんずファミリーの一員になって次の日には、ここにご挨拶に
来たものね。





毎度毎度、来る時は気候の良い時がなく
暑いか寒いか、大雨か。。。
なかなか長居はできませんが、みんなで
心静める時間をとることができました。






「今度は、福岡のゆめじじとばばを連れてきますね」
2013-08-13 196







来春は、ゆめじじをはじめ、みーんなでここに集まりましょう~
2013-08-13 193









さて、お墓参りの後の楽しみは・・・・!!

「あの子」に再会して、お蕎麦を食べること!!

2013-08-13 242






さあさあ、お久しぶりだけど元気にしているかしら??


 現在、こちらで出石を紹介するHP&ブログ公開中
 ぜひ、一度ご覧ください。
 ⇒
「川崎尚之助の故郷を旅する」






望郷の念に浸る出石の旅、暑い中みんな
頑張ってお墓参りしたね、よく頑張ったと
一日一回、ポチリポチリと応援のポチをお願いいたします。
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村



現在、11位付近にランキング中。
いつも本当にありがとうございます。

ブログを続ける励みになります。

今日もよろしくお願いいたします。





シーズー ブログランキングへ<
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。